ページ内移動リンク

Menu

Inquiry(お問い合わせ)

あなたにとってベストな保険をご提案します!お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル(通話料無料)

0120-359-713

HOME > 乳がん視触診体験コーナー

乳がん視触診体験コーナー

自己検診で早期発見を!乳がん視触診体験コーナーを設置しました。


乳癌は働き盛りの女性が罹ることが多く、進行すれば癌細胞が血中に入って転移し、亡くなる方も増えていますから、局所に留まっているうちに発見、治療すべきです。
乳房は体の表面にありますので、視診による皮膚の色や形の変化、触診によるしこり等、視る事、触れる事で気付くことも多いのです。
しかし、自己視触診をしておられる方は少なく、その理由としては、具体的な視触診法が判らないという方が殆どのようです。
そこで、当社では自己視触診体験コーナーを設けましたので、気軽に触れてみて参考にして頂き、月一回の自己視触診を習慣化し、なお且つ定期検診も受けて頂きたいと存じます。
(一応、女性限定とさせていただきます。)











乳がん視触診体験モデル
乳がん視触診モデル
腫瘤(しこり)
乳がんの最初の症状の90%はしこりと言われています。
1:触れると石のような硬さのしこりがあります。周囲の組織にがんが癒着しているからです。
2:比較的柔らかいしこりに触れることができます。良性のしこりの場合によく見られます。 しかし、これらは一般的な傾向で、良性のしこりなのに石のように硬かったり、柔らかいしこりなのに乳がんの場合もあります。
リンパ節転移
3:乳がんがリンパ節に転移するとわきの下、頸部にしこりを感じます。
乳房にははっきりとしたしこりを触れなくても、わきの下にしこりを触れることがあるので、乳房のチェックの際はわきの下も触ってみることが大切です。 
乳頭の変化・分泌物
4:乳頭に偏り・窪みが見られます。
5:授乳期ではないのに乳頭(乳首)から分泌物(液)が出ることがあります。
乳頭(乳首)から分泌があるときは、両方の乳首から出るか、1ヶ所から出るか。数ヶ所から出るかを確かめてください。また、分泌物の色を見ることも重要です。両側の乳首からのミルク状の分泌物は、ほとんど心配ありません。しかし、片方の乳首の1ヶ所から血液が混じったような分泌物がある場合は、がんなど病的な原因によることがありますので、すぐに専門医に相談しましょう。
皮膚の変化
6:乳がんができて悪化し、皮膚の近くにまで達すると、えくぼのようなくぼみができることがあります。初期は乳房をつまむとへこみがわかる状態ですが、進行すると何もしなくてもへこみます。
7:皮膚がオレンジの皮のように毛穴が目立つ状態が見られます。
8:皮膚が赤く腫れている症状を見ることができます。
赤い腫れやオレンジの皮状の皮膚の変化は、乳腺炎だけでなく炎症性乳がんというまれな乳がんで見られることがあります。乳腺炎と軽く考えないで、専門医に相談しましょう。